ビットコイン(bitcoin)を購入するのにおすすめな取引所は?億万長者になるために

話題のビットコインを売買して億万長者になるために必要な知識やニュース、方法などを伝えて行くためのブログ

ビットコインは今週も高騰でスタート、気になる税金は?

昨週に引き続き今週も月曜日から高騰でスタートしているビットコイン

f:id:bitcoin100000000:20170612173352p:plain

前回載せてから約4%の上昇を見せております。

まだまだ1億円には程遠いいですが・・・。

基本的には10年は保有していくつもりですので気にはしてません。

ここまで上昇すると確定したときにかかる税金が非常に気になってます。

 

調査し終わったので明日書きます。

 

ビットコイン(Bitcoin)はいつ買うのがいい?

ネットや国内国外問わずニュース番組などで毎日のように話題として挙がっているビットコイン(bitcoin)ですが、高騰したり暴落したりいつ買うのがいいのか分からない?って人、非常に多いと思います。

現在日本では仮想通貨を消費者に数多く持ってもらうことよりも法制度面を調整することに集中しているのが現状です。

その為、日本では世界で見てみても非常に仮想通貨に対して制度が整っている国の一つであることは間違いない事実であると思われます。

しかし、一方で日本で仮想通貨が売買できる取引所を開設する場合は2017年4月に施行された改正資金決済法で認可登録制で認可されなければ開設することができない法律になっており、現在国会では市場に全般の通り制度改正を重点的に行っており、新規の販売所の認可をほぼほぼ認可していないのが現状です。

逆に言うと法整備が完了次第、大手証券や金融機関などが販売取引所へ参入のための認可が下りる可能性が非常に大きいと言えます。

そうなると一般消費者にとって身近なものになり流通量は今以上のものとなることが予想されます。

 

現在ビットコイン(bitcoin)を日々取引している人の大多数は株・FXなどの投資経験者がこぞって運用しているだけにすぎず日本では約50万人と言われております。

また、日本の売買量では年間で約9兆円ほどの額が取引されている状況です。

50万人で9兆円。すでにすごい数字であると想像できます。

また、あるニュースで向こう5年間でFX取引額5,000兆円の内の約10%がビットコイン(bitcoin)などの仮想通貨へ流れると予測しており、その額なんと500兆円。現在の約50倍になるといわれております。

そうなると必然的に現在価格も同様の伸び率を見せるのでビットコイン(bitcoin)は現在1BIT約30万円ですが、1,500万円まで上昇してもなんら不思議ではない数値であります。

参考

www.msn.com

また、ビットコイン(bitcoin)が現在の数ある仮想通貨の中では流通が一番大きな取引になっていますが仮にこの取引が上記の状況になったとしても現在流通している貨幣、円・ドルなどを脅かすことは非常に少ない確率であるため国家としても流通するメリットはあるのではないかと予測します。

その為、「いつ買うのか?」答えは今すぐが正解ではないでしょうか?

現在は高騰・暴落を繰り返している中で非常に不安になることもありますが、長期的な資産で見た時にはほとんどの投資家は見て見ぬふりをしているのが現状で10年先の資産価値を見ているのではないでしょうか。

 

まずは小額からでも定期預金だと思って保有してみてはいかがでしょうか?

口座開設はメガバンクが投資している国内NO1取引実績のbitFyer(ビットフライヤー)で!!!

[http://bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で:title]

ビットコイン(bitocin)取引所国内シェア1位のbitFyer(ビットフライヤー)口座開設方法

ビットコイン(bitcoin)を取引が可能な取引所は日本でも数多くできてきております。

その中でどこを選んだらいいのか?分からないという人のためにビットコイン(bitcoin)販売所で一番おすすめなbitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法を記載します。

まずはこちらからbitFlyer(ビットフライヤー)のサイトへ!

[http://bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で:title]

上記をクリックすると

f:id:bitcoin100000000:20170608111848p:plain

こちらに飛びますので今回は「メールアドレスでアカウント作成」をしてみたいと思います。

こちらで皆様の任意のメールアドレスを入力し、「メールアドレスでアカウント作成」をクリックすると

f:id:bitcoin100000000:20170608112052p:plain

この画面が表示されます。

また、入力したメールアドレスに「キーワード」が届きますのでそれを確認し入力していただけたら「アカウント作成」をクリックしてください。

f:id:bitcoin100000000:20170608112222p:plain

そういたしますと上記のページに飛びますので「利用規約」「プライバシーポリシー」「ビットコイン取引におけるリスク」「取引時交付書面」をよくお読みになりまして

チェックボックスにチャックをしてください。

その後、「bitFlyerを始める」をクリックしていただけたら初期の口座は開設が完了いたします。そうすると下記のページが出てきます。

f:id:bitcoin100000000:20170608112512p:plain

ただしこれではまだビットコイン(bitcoin)の売買はできない状況です。

ここからアカウント情報にあります項目を記入頂き、個人を証明する「免許書」「保険証」などをメール添付し、「マイナンバーカード」を添付することで売買が可能なアカウントクラスになれます。

現在上記にあるアカウント情報のアカウントクラスが「ウォレットクラス」ですとまだ友人などからビットコイン(bitcoin)を受け取ることは出来ても友人にあげることや日本円を入金すること日本円を出金することができいない状況にあります。

しかし、スピード感を持ってbitFyer(ビットフライヤー)サイドは対応していただけますので即日で売買が出来るはずです。※アカウント開設時間にもよる

 

またなぜビットコイン(bitcoin)売買においてbitFyer(ビットフライヤー)が一番おすすめであるのか?

ビットコインが出始めたころは日本ではマウントゴックス社でしか売買することができませんでした。

しかし、現在はbitFyer社を含む数社で可能となっております。

しかし、初期のころのマウントゴックス社でハッキングなどの被害に合いビットコイン(bitcoin)の盗難にあい倒産した経緯があります。

また、このころはビットコイン(bitcoin)の盗難被害による資産の返還などは法整備が追い付いていない状況のため一切行われておりません。

ビットコイン(bitcoin)は2017年4月1日の法整備で現在は通貨としての認可が下りており、保証制度も整っております。

その中でいち早くにトレーダーのため保有するビットコイン(bitcoin)への盗難などに対する資産を守るための保証を三井住友海上とともに行っているのがbitFyer(ビットフライヤー)です。

その為、現在でも日本で売買されるビットコイン(biitcoin)の90%前後がbitFyer(ビットフライヤー)で行われております。

また、bitFyer(ビットフライヤー)は成果的に見てもそのシェアは10%を締めており非常に安心して売買ができる取引所であることと思います。

まずは口座開設をし、自らビットコイン(bitcoin)の売買や値動きのチェックをし、知ることから始めてみるのはいかがでしょうか?

[http://bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で:title]

ビットコイン(bitcoin)本日も高騰傾向!

昨週末より世界経済の先行きを不安視していることなどから為替の円高が全面的に進んでおり、投資マネーが他の投資対象へ変革していることなどからそのマネーがビットコイン(bitcoin)にも流れてきていると思われ昨日午前9時くらいより約4%の上昇を見せております。

f:id:bitcoin100000000:20170607105822p:plain

昨日ブログアップ時よりアカウントを開設し、現在までにビットコイン(bitcoin)を購入していれば今週の飲み台は稼げてましたね。。。。

まだまだこの上昇は続くと予測しているので保有は致しますが目先間では1BIT当たり50万円までは行くのではないかと考えております。

 

またビットコイン(bitcoin)以外のアルトコインの上昇をも起こっており引き続き仮想通貨への投資は好調な傾向を召せるのではないかと考えており、リップルコインやイーサリアムなど他の仮想通貨の調査や購買も視野に入れていきます。

明日以降で調査結果など記載していければとは思いますが、皆さんもいち早く口座開設しビットコイン(bitcoin)を保有していくことをおすすめします。

 

ビットコイン(bitcoin)の売買なら国内シェアNO1のbitFyer(ビットフライヤー)で!

[http://bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で:title]

ビットコインの急騰、暴落!

先日10数分で15%前後の暴落をしたビットコイン(bitcoin)ですが、本日現在では1BIT当たり約30万を超えてきており、前回高値を約10%と目前にとらえている状況にきております。

特にイギリスの経済先行きの不安からくるポンドの墜落や日経平均株価も2万円を超えてきた状況の中での利益確定売りなどがあり、従来の投資部分の現金化により今までですと金などへの投資対象へ逃げていた資金が現在ではビットコイン(bitcoin)などの仮想通貨へと流入していることもプラスなのではないかと考えられます。

今年度頭にも同様のことがビットコイン(bitcoin)では起こっており、1BIT当たりの高値18万についた特に30%前後の暴落が起こり1か月弱で1BIT当たり30万を超えるなど非常に動きの速い状況が続いておりますため、今回の動きで1BIT、50万を超えないかと密かに期待している状況です。

 

また、今後米国の利上げやバブル期並みの有効求人倍率などを見せているが、今年度末にかけ緩やかな衰退が見込まれるとさらに投資に向かえない資金がだぶつく為、そういった資金が新しい仮想通貨の市場に向くことで高値を狙言えるチャンスであるとおおわれる。

特に年末にかけ日本ではビットコイン(bicoin)が大手コンビニチェーンと提携し決済の導入に踏み込めれば一段と消費者との距離が縮まり資金が流入していく可能性を秘めているなど非常に大きな投資チャンスになるのではないでしょうか?

今後10年間はビットコイン(bitcoin)を保有しようと考えておりますので日々データ開示していけたらと思います。

f:id:bitcoin100000000:20170606103617p:plain

共に投資チャンスを逃さずに10年後の億万長者を目指しましょう!

 

[http://bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で:title]

ビットコイン(bitcoin)は為替や株と連動しているのか?

話題沸騰であり価格も高騰しているビットコイン(bitcoin)ですがなんで価格が高騰するのか?なんで価格が暴落するのか?非常に分かりにくいものです。

現在日本の株価は2015年来の日経平均株価が2万円を超えてきている状況の中ですが、こういった従来の投資などと関連があるのでしょうか?

 

実際調べたところだと基本的には関連性は非常に低いと考えております。

しかし、中国貨幣である「元」とはある程度連動し中国政府の動きに非常に敏感なのではないかと推測しています。

これは中国政府が国民に対しドル買いの一定水準での制限を設けている。今現在は年間で5万ドルの購入しか認めていないためそれ以外の投資対象への流入が中国元マネーには起きているためと考えております。

しかし、政府としてはビットコイン(bitcoin)に関しても購入制限を設けているため、こういったことが制限を撤廃していくと更なる高騰もあり得るかもしれないと考えております。

 

また、これから先ビットコイン(bitcoin)が高騰する要因

①米国であるようなビットコイン(bitcoin)を組み込んだETFなどが正解的に流通することでビットコインへの投資対象が増えることで高騰する。

ビットコインのようなその他の仮想通貨「アルトコイン」が通貨としての認可を受けるなどで仮想通貨市場全体の価値が上がる

ですので今から仕込んでおくのも投資対象としては非常に面白味が大きいのではないでしょうか。

 

日本でビットコインbitcoin)を売買するなら

世界シェア10% 日本シェア80% 日本流通NO1のbitFyer(ビットフライヤー)で!!!!

[http://bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で:title]

bitFyer行って分かった!ビットコインは将来安泰!

ビットコイン(bitcoin)取引所であるbitFyer(ビットフライヤー)に行ってきました。

非常にきれいなオフィスで活気もあり非常に良かった!

 

そのビットコインですが国内取引NO1のbitFyer(ビットフライヤー)、今年度初頭には約3000億/月の規模の取引額でしたが現在は約8000億/月へ大幅な伸びを見せております。

これを見るだけでも知っている人はビットコインbitcoin)への将来的な価値を見出していると思います。

逆に現在、知らない!なんだか不安?ビットコイン(bitcoin)ってなんだ?って思って何にも動かない情報弱者が後々後悔する日が来る気がしてます。

 

特に今年度の伸びもそうですが生活インフラやポイント交換など続々と身近なものとの連携が進んでいる今、ビットコイン(bitcoin)の取引所の口座開設をする人が非常に増えているのが現状です。

また、ビットコイン(bitcoin)は投資的な部分もあると思います。

ここが株やFXなどと少し違うところはビットコイン(bitcoin)は売りから入ることができないということです。

現在まだまだ取引人数は50万人程度ですがすでにこの50万人で約8000億ものビットコインbitcoin)が売買されています。

これから新しいユーザーが増えていく際、その人たちは少なからずまず初めに起こす動作としては【ビットコインを買う】ことです。

その為ユーザーが増え続けている今、ビットコインの価格はまだまだ高騰することが容易に予測されます。

 

ほんの少し始めてみませんか?

 

ビットコイン口座を作るなら国内NO1、世界シェア10%を保持し、

国内の名だたるベンチャーキャピタルが投資している

bitFyer(ビットフライヤー)で!!!!

[http://bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で:title]