ビットコイン(bitcoin)を購入するのにおすすめな取引所は?億万長者になるために

話題のビットコインを売買して億万長者になるために必要な知識やニュース、方法などを伝えて行くためのブログ

ビットコイン(Bitcoin)はいつ買うのがいい?

ネットや国内国外問わずニュース番組などで毎日のように話題として挙がっているビットコイン(bitcoin)ですが、高騰したり暴落したりいつ買うのがいいのか分からない?って人、非常に多いと思います。

現在日本では仮想通貨を消費者に数多く持ってもらうことよりも法制度面を調整することに集中しているのが現状です。

その為、日本では世界で見てみても非常に仮想通貨に対して制度が整っている国の一つであることは間違いない事実であると思われます。

しかし、一方で日本で仮想通貨が売買できる取引所を開設する場合は2017年4月に施行された改正資金決済法で認可登録制で認可されなければ開設することができない法律になっており、現在国会では市場に全般の通り制度改正を重点的に行っており、新規の販売所の認可をほぼほぼ認可していないのが現状です。

逆に言うと法整備が完了次第、大手証券や金融機関などが販売取引所へ参入のための認可が下りる可能性が非常に大きいと言えます。

そうなると一般消費者にとって身近なものになり流通量は今以上のものとなることが予想されます。

 

現在ビットコイン(bitcoin)を日々取引している人の大多数は株・FXなどの投資経験者がこぞって運用しているだけにすぎず日本では約50万人と言われております。

また、日本の売買量では年間で約9兆円ほどの額が取引されている状況です。

50万人で9兆円。すでにすごい数字であると想像できます。

また、あるニュースで向こう5年間でFX取引額5,000兆円の内の約10%がビットコイン(bitcoin)などの仮想通貨へ流れると予測しており、その額なんと500兆円。現在の約50倍になるといわれております。

そうなると必然的に現在価格も同様の伸び率を見せるのでビットコイン(bitcoin)は現在1BIT約30万円ですが、1,500万円まで上昇してもなんら不思議ではない数値であります。

参考

www.msn.com

また、ビットコイン(bitcoin)が現在の数ある仮想通貨の中では流通が一番大きな取引になっていますが仮にこの取引が上記の状況になったとしても現在流通している貨幣、円・ドルなどを脅かすことは非常に少ない確率であるため国家としても流通するメリットはあるのではないかと予測します。

その為、「いつ買うのか?」答えは今すぐが正解ではないでしょうか?

現在は高騰・暴落を繰り返している中で非常に不安になることもありますが、長期的な資産で見た時にはほとんどの投資家は見て見ぬふりをしているのが現状で10年先の資産価値を見ているのではないでしょうか。

 

まずは小額からでも定期預金だと思って保有してみてはいかがでしょうか?

口座開設はメガバンクが投資している国内NO1取引実績のbitFyer(ビットフライヤー)で!!!

[http://bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で:title]