ビットコイン おすすめ 取引所 販売所 口座開設 比較

「2017年度最新版口座開設比較」ビットコインを購入するのにおすすめの取引所は?比較してみました。

「2017年度最新版口座開設比較」ビットコインを購入するのにおすすめの取引所は?比較してみました。

ビットコインは11月に再度分裂が起こるのか?

bitcoin100000000.hatenablog.com

一番おすすめする口座はこれ!!!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

※ここからは本日のBloombergの記事を参照しております。

仮想通貨ビットコインが11月に再び分裂する可能性が高まっている。取引拡大に対応するために「採掘者(マイナー)」と開発者がそれぞれ新たなバージョンに取り組んでいるためだ。

仮想通貨の普及に貢献し「ビットコイン・ジーザス(教祖)」として知られるロジャー・バー氏ら業界の大物は、両陣営が合意する可能性は小さくなっているように見えると述べている。

ビットコイン取引の承認作業をする採掘者と、元々のビットコインネットワークのインフラ構築に携わった「コア」と呼ばれる開発者の双方からもそうした声が聞かれる。

最近の分裂で「ビットコインキャッシュ」という新バージョンが誕生。バー氏は2回目の分裂を予想し、資金の一部をビットコインキャッシュに移しているという。分裂によってさらにビットコインが生み出されるので、自身の利益につながるとも語った。

バー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、ビットコインが「恐らくビットコインレガシーと『セグウィット2X』バージョンとに分裂するだろう」と語った。

ビットコインの人気が高まり取引が増えたことで混雑が発生し、取引にかかる時間や処理手数料が一時、記録的水準に達した。これへの対処方法として、デジタル台帳であるブロックチェーン上の情報量の上限引き上げを唱えるグループと一部データをメーンネットワークの外部で管理すべきだと主張するグループが対立。

業界の一角は11月にネットワークをアップグレードすることを提唱しており、合意ができなければ再分裂につながる。

 

【ビットコイン】HISでも導入!

bitcoin100000000.hatenablog.com

一番おすすめする口座はこれ!!!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

f:id:bitcoin100000000:20170906101204p:plain

 

本日ビットコインがHIS店舗で決済が可能になり都内9拠点、38店舗で導入が決定しております。

導入店舗は下記になります。

それに伴いビットコイン決済専用のメニューが出来まして非常に安く海外へ行くことが可能になっております。

www.his-j.com

今なら中国の騒動で安くなっているビットコインを購入して来年度の旅行が無料になるかもしれませんね・・・。

まだ口座を持っていない人は下記を参考に口座を作ってみるいい機会にしてはいかがでしょうか?

 

一番おすすめする口座はこれ!!!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

【ビットコインvsコインチェック】

bitcoin100000000.hatenablog.com

一番おすすめする口座はこれ!!!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

f:id:bitcoin100000000:20170906101204p:plain

会社名: 株式会社bitFlyer

設立: 2014年 1 月 9 日

事業内容 :ビットコインの販売・買取

資本金: 41 億 238 万円(資本準備金含)

代表取締役 :加納裕三

取締役 CTO: 小宮山峰史

本社所在地: 〒107-0052 東京都港区赤坂 3-5-5 ストロング赤坂ビル 8 階

主要取引銀行: 三井住友銀行会計監査人 新日本有限責任監査法人

顧問弁護士事務所 :AZX総合法律事務所、創法律事務所

株主: 加納裕三、小宮山峰史、国内・海外ベンチャーキャピタル、国内事業会社

上記となっています。下記は赤坂にある本社が入っているビルです。

 

ビットフライヤーで口座開設をすると下記の仮想通貨が売買できます。

ビットコイン

f:id:bitcoin100000000:20170914151504p:plain

【イーサリアム】

f:id:bitcoin100000000:20170914151547p:plain

【イーサリアムクラシック】

f:id:bitcoin100000000:20170914151625p:plain

【ライトコイン】

f:id:bitcoin100000000:20170914151712p:plain

ビットコインキャッシュ】

クリックすると新しいウィンドウで開きます

上記の5種類の仮想通貨の売買と送金が可能です。

セキュリティーに関しては2重認証を推進しており、ハッキングなどにおいてビットコインなどがなくなってしまった場合、大手保険会社と提携しており保証を受けることが可能です。

また管理画面は下記になっております。

f:id:bitcoin100000000:20170914152330p:plain

またここの口座にはアカウントのクラス分けがあり、そのクラスごとに行える作業量が変わってきます。

 

基本的には

f:id:bitcoin100000000:20170914152546p:plain2重認証を受けるように設定を行うとトレードクラスになりますので安心してお使いいただける口座になっているかと思います。

ビットフライヤーは日本国内での取引量が1位を獲得しており、ネット上の口コミなどでもまずはここの口座を利用している人が非常に多く安心感のある口座ではないかと思います。

f:id:bitcoin100000000:20170914152746p:plain

またビットフライヤーでは売買手数料を今現在は無料のキャンペーンを行っているので購入を考えている人は今がお得なのではないかと思います。

下記に一覧がありますので参考までに。

クリックすると新しいウィンドウで開きます

スマートフォンのアプリもあり最近新しくなったので載せておきます。

以前と比べると非常に利用しやすくなったのではないかという印象を受けます。

f:id:bitcoin100000000:20170914153306j:plain

基本的には非常に使いやすく日本では一番安心感のある口座ではないかと思います。

まずはここの口座から開設してみるのがいいのではないでしょうか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

f:id:bitcoin100000000:20170906102210p:plain

商号
インチェック株式会社(英語表記:Coincheck,inc.)
住所
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
設立
2012年8月28日
社員数
71名 (2017年7月末時点)
資本金
9,200万円
代表取締役
和田晃一良
取締役
和田圭祐 大塚雄介
加入協会
一般社団法人 日本ブロックチェーン協会 監事
一般社団法人 日本仮想通貨事業者協会 正会員
一般社団法人FinTech協会 会員

インチェックで購入することが可能な仮想通貨は下記になります。

ビットコイン

f:id:bitcoin100000000:20170914151504p:plain

【イーサリアム】

f:id:bitcoin100000000:20170914151547p:plain

【イーサリアムクラシック】

f:id:bitcoin100000000:20170914151625p:plain

【リスク】

f:id:bitcoin100000000:20170914155637p:plain

【ファクトム】

クリックすると新しいウィンドウで開きます

【モネロ】

クリックすると新しいウィンドウで開きます

【オーガー】

クリックすると新しいウィンドウで開きます

リップル

クリックすると新しいウィンドウで開きます

【ジーキャッシュ】

f:id:bitcoin100000000:20170914164841p:plain

 【ライトコイン】

クリックすると新しいウィンドウで開きます

【ネム】

クリックすると新しいウィンドウで開きます

【ダッシュ】

クリックすると新しいウィンドウで開きます

なんとコインチェックの口座開設をすると上記の12種類の仮想通貨を売買することが可能です。

ここに関してはビットフライヤーの負けですね・・・。

セキュリティーに関してはビットフライヤー同様にお客様がより安全にcoincheckをご利用できるよう、セキュリティ認証の強化にSMS、そしてGoogle社が提供する認証アプリ(Google Authenticator / iOSAndroid)による二段階認証を採用しています。どなたでも利用でき、悪意のある第三者からの不正アクセスを防止する対策をしております。

その為ここに関しては基本的に差異はそんなにないかと思います。

 

 



 

 

JPモルガンCEO発言でビットコイン暴落

bitcoin100000000.hatenablog.com

一番おすすめする口座はこれ!!!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2017年9月13日8時ごろにブルームバーグ掲載のニュース

上記ニュースが出たことによりビットコイン価格は10数%の下落をしております。

※ここから下記は「Bloomberg」のニュース記事を転載しております。

米銀JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)は12日、同行のトレーダーが仮想通貨ビットコインの取引を行ったとしたら解雇すると言明した。

ダイモンCEOはニューヨークでの投資家会議で、ビットコインは「良い終わり方はしないだろう」と述べ、バブルがはじけると予言。「これは詐欺」であり、最古のバブルと言われる17世紀オランダの「チューリップ球根より悪い」と指摘した。

同CEOはその上で、JPモルガンのトレーダーがビットコイン取引を始めたとしたら、「即座に解雇するだろう。理由は2つだ。当行の規則に反する上に愚かであり、いずれも危険なことだ」と語った。

ビットコインの価格はダイモン氏の発言を受けて下落。ニューヨーク時間12日午後4時(日本時間13日午前5時)現在、1%安となっている。先週、中国が仮想通貨の国内取引所での取引を禁止する計画だとの報道を受け、ビットコイン相場は下落していた。

ダイモンCEOは、特に何か問題が発生すれば、監督を受けずに仮想通貨が流通するのを各国当局は許さないだろうと指摘した。ビットコインの基となるブロックチェーン技術については、有益かもしれないとしつつも、同技術を銀行が応用できるようになるまでには時間がかかると述べた。
同CEOはさらに、「ベネズエラエクアドル北朝鮮などに住む人や、麻薬密売人や殺人者の類いであればドルよりもビットコインを使うことで裕福になるだろう。このようにビットコインの市場は存在し得るが、限定的なものになるだろう」と断じた。

 

上記内容よりビットコインにとってマイナスであると判断されたのでしょう。

非常に下落幅は今朝より大きくなってい現状です。

しかし、ビットコインは2017年だけでも非常に多くのマイナスニュースの中で価格の下落が起こっておりましたがその都度1か月後などにはもとの価格以上の高騰を迎えるなど非常に不安定な動きのため、ここから再度価格の上昇もあるのではないかと考えております。

まだまだビットコインは終わらないし無くなることもないと考えています。

その為、まだ口座開設が済んでいない人は下記に現在の主要ビットコイン売買の口座をまとめていますので参考にしてみてください。

 

 

ビットコイン価格戻ってきた!

昨日に中国によるビットコインICOや取引所の禁止報道を受けてビットコインの価格が下落しておりましたが、思った以上の影響はなく20%下落から現在47万円台まで順調に戻ってきている状況です。

また北朝鮮ビットコインハッカー集団が狙っているとのニュースが出ており、最近非常にビットコイン関連の悪いニュースが流れておりますが思っている以上のマイナスインパクトもなくビットコインを信仰している方々の支えの中で順調に回復傾向になってきています。

ビットコインの投資家などでは中国になくても世界のどこかにビットコインの取引jyがあればビットコインは世界に浸透するなどと述べており、またほかの方は一部の取引所が閉鎖されることはあまり重要ではないなど中国ニュースをあまり意識していない状況です。

その為、一時的には下落しますが、長期的保有、ロングポジションでの保有であればビットコインは非常に有能な仮想通貨ではないかと考えてます。

その為、今後の資産運輸などをお考えの方は今下がっているときに仕込んでみてはいかがでしょうか?

各講座の比較は下記にありますので参考にしてみてください。

bitcoin100000000.hatenablog.com

GMOインターネットがマイニング事業に参画

昨日、GMOインターネットビットコインのマイニング事業へ参画するというニュースリリースが出ました。

www.nikkei.com

その費用現段階で30億以上と非常に強気の投資であることがうかがえます。

これまでもGMOグループはさまざまな新規事業を起こし、成長していることもあり熊谷さんはすでに収益化のモデルは出来ているのではないかと思います。

こうやって大手企業がビットコイン関連への参入していくことでさらなる話題と安心感、そして普及してくことの可能性が広がるのではないでしょうか!

まだビットコインを売買するための口座を開設していないかたは下記を参考に今のうちに口座開設だけは無料で行えますので初めてみてはいかがでしょうか?

bitcoin100000000.hatenablog.com

ビットコインに収益は雑所得!

先日、国税庁のホームページにビットコインの収益に関して見解が出ておりましたので参考までに記載いたします。

www.itmedia.co.jp

ビットコインを使用することにより生じる損益(邦貨又は外貨との相対的な関係により認識される損益)は、事業所得等の各種所得の基因となる行為に付随して生じる場合を除き、原則として、雑所得に区分される」

上記とのことです。

雑所得になるということで今年度初頭より非常に価格の高騰がみられており、数多くの方がビットコインを円に換えることで税金の問題があるのではないでしょうか?

しかし、こういったことを国を挙げて取り組むようになるほどビットコインはすごいものであると思われるので今現在は数%の人しかもっていないビットコインですが今後もメディアなどに数多く取り上げられ価格がさらに高騰を続けるのではないでしょうか?

目標は現口座で1億円にすることです。

過去には口座も本ブログに掲載し、月末にいくらになっているかを記載していきます。

ぜひまだ口座開設がお済でない方は下記を参考に無料でできますので口座開設から始めてみてはいかがでしょうか?

bitcoin100000000.hatenablog.com

中国のICO禁止によるビットコイン暴落

昨日より非常にビットコインを含む各種仮想通貨の価格が暴落している状況です。

8月後半には約56万まで上昇したビットコインですが、今現在は約44万円と20%ほど暴落している状況です。

この要因としては『中国のICOの禁止』これが非常に重くのしかかっている状況ではないでしょうか。

これ以外にも現在北朝鮮などの外交問題もあるとは思いますが、今までの傾向ですと北朝鮮が何かしらの動きがあると為替等の変動がどうなるか分からないことからビットコインのような仮想通貨への資金の流入が見込まれ価格は上昇する傾向にありましたが、今回はそう言った動きがみられず非常に苦しい状況になっています。

また、ここから価格が上昇するのか?まだまだ暴落が続いていくのか?

ここが焦点になってくるのではないでしょうか!

まずはICOとは何か?

・・・ICOとはInitial Coin Offeringの略になります。

・・・一般的にはクラウドセールと呼ばれるものになります。

ではこのクラウドセールとはどういったことか?

・・・独自トークンと呼ばれている仮想通貨を発行し、それを販売し資金を集め新たなシステム開発や研究費に充てるというものです。

新しく仮想通貨を作り、販売して資金を調達し、また新たなところに事業投資しよう!ということです。

株式市場の新規上場(IPO)と一緒です。

ではこれを買う人には何かメリットがあるのか?

・・・ビットコインもそうでしたが最初に発行さっるときの価値はほとんどありません。

この通貨が消費や機関投資家などの需要を得ることで価値が高まっていきます。

その為、新たに発行した仮想通貨が何のために作られどういったビジョンがあるかなどを理解し購入することをおすすめいたします。

しかし、発行当初は価値がなくてもビットコインのように需要が上がることで現在のような値動きを見せビットコイン発行当時は1ビットコインの価値は約0.09円ほどといわれてましたが10年程度で約50万円まで上昇しているので価値あるビジョンを打ち出している仮想通貨は第2のビットコインになる可能性は秘めているので購入者にもメリットはあると言えます。

 

ではなぜ中国はこれを規制したのでしょう?

最たる理由は中国でICOが活発になりすぎたために、政府側としてもリスクコントロールがきかない状況になってしまったのが一番大きいです。

日本国内でも行われていると耳にしたりしますがこのICOは販売段階で購入者をネット広告などやセミナーなどで集め資金を集めた後に居なくなってしまうといった詐欺に悪用されるケースが出てきており、そういった懸念などからも今回のような動きになったのではないかと推測しています。

また、著名人などでも最近ビットコイン関連で問題になっていましたが、非常にマネーゲームと化している部分が大多数を占めてきてしまい、2017年度今現在の段階でもICO分野に中国人の方のお金だけで約39億ドル、日本円にして約4000億円が流れ込んでいるといわれております。

そういった問題により今回の動きが禁止されました。

その為、中国人のマネーが市場から消えていくことを懸念し今回のようなビットコインを含む仮想通貨の暴落につながったとされています。

しかし、禁止しているのは何も今回が初めてでなくシンガポールなどはすでに禁止しており、今回に関しても一時的な混乱による下落であると考えられ、今後、ビットコインの価格が上がらないかというとそんなことはない!と考えています。

一時的にリスクコントロールするために中国サイドのマネーをコントロールし、ICOに対しての危険性や国民の安心感をもたらす非常にいい施策ではないかと推測しています。

特に今回はSNSでは

ビットコインは終わった!』

ビットコインの暴落が止まらない』

などの書き込みを多数見かけますが、2017年の1月時にはまだビットコイン価格は10万円以下です。

そこから8か月で約500%上昇していることを考えると今現在の20%の暴落は果たして本当に暴落に入るのでしょうか?

逆にこの20%下落している今が仕込み時のチャンスではないかと考えています。

もしまだビットコインを買うための口座をお持ちでない方は下記リンクに現在のビットコイン開設のためのおすすめ口座を比較していますのでご参考に!

bitcoin100000000.hatenablog.com

ビットコインでよく使われる用語説明とその違い

ビットコインを買おうと思うと一番困るのが、単語一つ一つの意味の違いが分かりづらくてよくわからないというのがあります。

国内大手の取引所のビットフライヤーでも買うための手段が複数あり、またそれぞれで若干の購買の差が生じている為どのようにそれを活用すればよいのか非常に分かりづらいですよね・・・。

よく出てくるのが3つあります。

①販売所

②取引所

③交換所

上記かと思います。

では一つずつ説明していきましょう。

①販売所

これは販売という文字からそのままの意味で実際にビットコイン等の過疎通貨を販売しているところです。

でも、実店舗ではなくインターネット上ですけどね。

いわゆるECサイトのようなものだと思ってください。

では買う人はあなただとして誰からビットコイン等の仮想通貨を買うのでしょうか?

答えは販売所を運営している企業になります。

国内ですとたくさんの販売所がありますが先般でも挙げたビットフライヤーやコインチェックなどになります。彼ら企業が保有しているビットコイン等の仮想通貨を売買します。

ここでのポイントは1つ

※確実に各企業が提示している価格でビットコイン等仮想通貨を購入することができる

上記が一番のポイントではないでしょうか。

 

②取引所

取引所とは簡単に申し上げると株式投資の仕組みとまったく同様です。

今現在ビットコイン等仮想通貨を保有している一般の方と売買を行います。

その為販売所とは違い現在売りに出ている数量や単価での取引になるため板情報と合わせて売買を行うことになります。

その為希望単価での購入が叶わないこともあります。

 

ではどれだけの価格の違いが存在するのでしょうか?

簡単に申し上げるとだいたい2%程度でしょう。

しかし、ここで問題なのが買いたいビットコインの数量によるということです。

f:id:bitcoin100000000:20170901105055j:plain

f:id:bitcoin100000000:20170901105123j:plain

上記は今現在の販売所と取引所の価格と販売数量になります。

①が販売所 ②が取引所です。

販売所は数量の記載がないため、無制限の数量で539,118円で1ビットコインを買うことが可能です。また最小購入は0.01ビットコインからですので53,912円から買うことが現在は可能です。

逆に取引所では530,001円で現在ビットコインを購入することが可能ですが、購入できる数量が現状では1ビットコインしか買うことができません。

この1ビットコインはすべての人が1ビットコインを買うことができるわけでなく、すべての人が全員で1ビットコインしか購入することができないということです。

その為、上記でわかる通りある程度の数量のビットコインの購入を考えている人は確実に販売所で買うことをおすすめします。

確実に欲しい数量を決まった価格で購入することができるためです。

あとはその人の購入の仕方は人それぞれですので自分に合った購入方法をお試しください。

 

今までは購入を記載しましたが売りたいときはこの逆です。

販売所では今現在1ビットコインを526,505円で販売所運営企業が買い取ってくれます。

しかし、取引所では1ビットコインが上記同様530,001円で売ることが可能です。

ではどちらが得するのでしょうか?

答えは簡単『取引所』ではありません!!!

どうしてか?

先ほども記載しましたが取引所は保有しているユーザー同士の売買のため、売りたくても今買いたい人がいなければ売ることができないということです。

ほとんどの投資初心者が陥りやすいですが、

もし今ビットコインが暴落したとします。

皆すぐに売りたい!でも暴落しているときに買いたい人がいない!

となると売買が成立せずに価格だけ暴落していきます。

そのため、今現状で販売所と取引所どちらで売ったほうが今はいいのかを見極めなければなりません。

投資などで一番難しいのはここです。

買うことはお金さえあればいつでも好きに買えます。

しかし、売りが非常に難しい。ここを自分のルールを作り明確書いておくことをおすすめします。

最後に長々と記載しましたがまだビットコインを売買する口座をお持ちでない人は下記に日本の主要口座をまとめてありますので参考にしてください。

 

 

bitcoin100000000.hatenablog.com

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

祝1ビットコインが50万円を突破!このまま年末まで上がり続けるのか?

先ほど1ビットコインの価格が50万円を超えており、非常に安定性を持っております。

このペースでいくと年末には1ビットコインの価格は70万円台までの上昇を期待してもいいのではないかと感じている今日この頃です。

下記は今現在の状況です。

f:id:bitcoin100000000:20170831123837j:plain

下記は6月12日のものになります。

f:id:bitcoin100000000:20170606103617p:plain

そこからすでに3か月余りですが190%以上の資産が上昇しております。

本ブログは資産を1億円にするためのストーリーであり、そのためにビットコイン保有し続けようと考えております。

途中経過はお届けしていきますがぜひ一緒に試しませんか?

非常に値動きが早く、不安な通貨ですが自分の負担にならない程度の投資で未来を買いましょう!

下記から現在様々あるビットコイン取引所のおすすめを記載していますのでまだ口座を持っていない人は下記を参考にしてください。

bitcoin100000000.hatenablog.com

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

「2017年度最新版口コミ比較」ビットコインの口座開設比較してみました

 

   一番おすすめする口座はこれ!!!

 

ビットフライヤー(bitFyer)

インチェック(coincheck)

ザイ(Zaif)

みんなのビットコイン

手数料

期間限定で無料

0.02BT

0.005BT

手数料無料

保証

×

×

保険

三井住友海上保険と提携

東京海上日動と提携

 

 

保険適用

預かり資産100万円以内は最大10万円

最大100万円まで

 

 

 

それ以上の資産は最大500万円

 

 

 

管理画面

×

×

その他

様々な企業と提携をしているので安心

 

 

 

 

国内取引量NO1

 

 

 

 

推定で現在は月間8000億程度と予測

 

 

 

 

キャッシュバックモールあり

 

 

 

※上記は当サイト管理者の調査によるものですので今現在の情報は各社サイトでご確認ください

現在ビットコインは口座開設をし、個人情報の確認が取れたのちに取引、売買が可能になりますが、非常に多くの取引所があり、どこで口座開設をすればよいのか非常に分かりにくい状況です。

では何を一番重視していけばよいのか?

①何よりもまずは安全性です!

以前マウントゴックス社の破たんにより話題となったビットコインの紛失事件ですが以前は泣き寝入りしている人も非常に多かったですが上記表のように各社で保険会社と提携しておりある一定ラインを満たすことで保証してくれる取引所があります。

現在では2社ビットフライヤーとコインチェックです。

その中でも資産額が100万円以上であると最大で500万円まで保証してくれるビットフライヤーが非常におすすめです。

理由は簡単!『今はそんなお金ないからそこまで必要ないよ!』と思っている人も多いと思いますが現在の1ビットコインの価格は約50万円!8月1日にビットコインの分裂騒動が起きた時に1ビットコインの価格は20万円前後まで下落してますので約2週間で倍以上に資産価値が上昇したことになります。

その為、保証としては今後の資産の上昇を踏まえたうえで最大で500万円あるビットフライヤーが非常におすすめです。

保証を受けるための一定の要件に関しては下記バナー先より確認してください。

 

一番おすすめする口座はこれ!!!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

余談ですが今後2030年以降には1ビットコインの価値は5000万円まで上昇すると予測している方々もいるので今現在10万円分しか保有していなくてももしかすると2030年にはその100倍の1000万円の資産になっている可能性も大きいと言えます。

ビットコイン価格は現実的に見ても50万ドルに到達する?―Snapchatへの投資で有名なJeremy Liew氏が発言

 

またビットフライヤーは数多くの大手企業が出資している為、国内では非常に安心してご利用いただけることも取引所を開設するための一つの指標であると言えます。

一部ですが、『リクルート』『SBIインベストメント』『電通デジタルホールディングス』『みずほフィナンシャルグループ』『三菱UFJキャピタル』『第一生命』など数多くのスポンサーがついておりますので非常に安心してお使いいただけます。

また、2016年には国内取引量が月間で1000億を超え国内取引量ではNO1を獲得しており、ビットフライヤーはビットコインの取引おいて世界シェアも13%あり2017年度には世界NO1シェアとなっております。

また、ビットフライヤーは先ほどのとり大手企業のスポンサーが数多くおりビットフライヤーのスマホアプリで現在話題となっている決済機能としても簡単にお店で決済することが可能です。

今現在有名なところだとビックカメラや丸井などで決済が可能となっております。

何とかここを増やし消費者が簡単によりスピーディに決済が可能な社会になることでさらなるビットコインの流通量が増えると予測しております。

年内にはコンビニやネットショッピングの楽天,アマゾンなどでの利用できるのではないかと期待しております。

まだビットコイン取引所の口座を開設してない方は2017年のビットコイン元年である今年度が非常にいいのではないでしょうか!

口座開設は安心安全な国内取引NO1ビットコイン口座のビットフライヤーで!

 

一番おすすめする口座はこれ!!!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

日本国内でも海外同様にビットコインを購入することのできるの販売所が増えてきていますが、
初心者の方や素人の方にはどこのビットコイン販売所で仮想通貨を購入すれば良いか非常に分かりづらいです。

ここでは、

初めてビットコインを購入したい!

と考えているアナタのためにベストな販売所を教えます。

それはビットフライヤーです。

数多くのビットコイン取引所がある中で、

なぜビットフライヤーなのかについて記載していきます。

一番重要なのが日本人であるのであれば何かあった時のサポート体制だと思います。

なんといっても海外の取引所を利用している人に聞くのは手数料は安くていいんだけどサポートやいざという時の問い合わせの回答が非常に遅いし基本的に英語でないと伝えることができない!

ここが非常に大きなネックになってきます。

そういう意味で日本法人の経営は安心です。またサポートセンターも完備しているので何かあった時にすぐに日本人サポーターが親切、丁寧な回答を頂けます。

そして何よりメールでのサポートもしているのですが、このメールの返信が何より早いのが非常にいいところです。

また、今現在ビットフライヤーが力を入れているのがセキュリティー面の拡充です。

海外企業が以前より利用しているMulti-signatureを国内でいち早く取り入れており、

セキュリティー面では国内販売所の中では非常に安心感があり、日本勇逸といっていいほどの実力であないかと思います。

なんといっても2000年代前半より存在していたビットコインに悪いイメージがついてしまったのも、マウントゴックス社によるビットコインの盗難事件やビットコインを利用した身代金などもありいいニュースよりも悪いニュースが先行してしまったことだと思います。

また、ビットフライヤーはリクルートGMOが出資しており豊富な資金調達を行っているので様々なキャンペーンを定期的に打ち出して行くことが可能ですので国内では利用者数が一番多いのが特徴です。

数ある取引所のなかで確実に注目度NO1のビットコイン取引所であることは間違いありません。

簡単に口座開設ができますので、とりあえずでも開設しておくことをおすすめします!

 

一番おすすめする口座はこれ!!!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

f:id:bitcoin100000000:20170906101204p:plain

ビットフライヤーは仮想通貨であるビットコインを販売する販売所として2014年4月にサービスを開始した取引所です。

ここの口座開設をすることのおすすめポイントはビットコインを数多くの人に保有し、利用してもらうことを目指し設立されており、口座開設をすれば誰でも簡単に売買が可能な環境を作り出そうと日々努力している企業になります。

またクラウドファンディングや仮想通貨、ビットコインに関する情報をより広く知ってもらうため情報サイトの運営なども行っております。

何よりも心掛けているのが口座開設をしてくれた人への安全性とスピードの追及であります。

ビットフライヤーでは1秒でビットコインの送付が行われるようにしたり、事業者向けの決済システムの構築やEコマースなどで利用できるプラットフォームを持っていたりと投機向け以外で広く浸透できるような仕掛けを日々追及しているビットコインの総合プラットフォームです。

また、現在ではビットコイン以外にもイーサリアムイーサリアムクラシック、アルトコイン、ビットコインキャッシュも取り扱っております。

また、設立3周年を迎えキャンペーンを行っているので新規で口座開設するには非常におすすめの取引所になるかと思います。

現在もまだビットコインの販売に関する手数料は無料キャンペーンを行っていたり、新規で購入したユーザーがビットフライヤーへログインするたびに1日1回ビットコインが付与されたりとさまざまに行っているのでぜひ試してください。

また、現行ある取引所の中でも非常にアプリが使いやすいと思われます。これは個人差があるとは思いますが決済などは非常に楽にできる印象です。

それ以外にも株主構成などが大手企業で構成されている為企業としても非常に安心感があると思われます。

f:id:bitcoin100000000:20170906102210p:plain

インチェックは2012年8月に設立した企業になります。

ここの口座開設をすることのおすすめポイントはビットコインの購入するにあたり最短10分で売買が可能であり、24時間いつでもどこでも売買することが可能です。

ビットフライヤーでも導入していますが2段階認証でログインしたりとセキュリティ面でも力を入れております。

また、コインチェックではビットコイン以外にもリスク、ファクトム、モネロ、イーサリアムイーサリアムクラシックの売買も可能でビットフライヤーよりも取り扱っている仮想通貨の種類は多いです。

また、コインチェックユーザーであればバンドルカードというVISAブランドのデビットカードを発行できチャージすることでVISA加盟店での決済がクレジットーカードと同様に使うことが可能ですので一般店舗での利用を考えている人は非常におすすめの取引所ではないかと思います。

インチェックもビットフライヤー同様にビットコイン売買に関して取引手数料は現在無料です。

f:id:bitcoin100000000:20170908092743p:plain

ビットバンクは2014年5月に設立され、ビットコインを含む仮想通貨を健全な状態で湯汲することを目的に作られた企業です。

ここの口座開設をすることのおすすめポイントは通常の口座開設でビットコインを利用したFXができることで設立当初より数多くの口座開設数を誇りました。

特にFXでは20倍のレバレッジを掛けることができます。

また、ビットコイン等の情報メディアの運営も行っており、消費者へ向けてのビットコイン普及のために力を入れております。

 

f:id:bitcoin100000000:20170908093108j:plain

ビットポイントは2016年3月に設立された比較的新しいビットコイン口座になります。

主要株主はリミックスポイントという会社になり、電力やエネルギーを専門に行っている企業になります。

ここの口座開設をすることのおすすめポイントはビットコインの口座を開設すると通常の販売所だけでなく取引所も運営しており、取引方法として現物取引以外に証拠金取引が可能です。

また、貸金業へ登録が8月29日に完了しており、今後、ビットコインを担保にお金を借りることなどが可能になりそうな仕組みを持っております。

特に国税庁ビットコインの収益に関してはすべて雑所得になるとの見解が公表されており、円に換金することで税率が非常に高くなることが懸念されますのでそういった方にはこちらの口座を開設することで少しはニーズがあるのではと思います。

f:id:bitcoin100000000:20170911131948p:plain

GMOコインは2016年10月に設立された比較的新しい企業になります。

ここの口座開設をすることのおすすめポイントは少額での取引が可能ということです。

通常の口座開設ではビットコインは0.01BITからの購入。現状価格だと約4万5000円から購入ができます。

しかしGMOコインは0.001BITから購入することが可能です。

現状価格では 約4500円から購入することができるので少しだけでも始めてみようかなというユーザーには非常にあっているのではないでしょうか。

また最近できた企業ですので取引手数料に関しても無料になっております。

母体が大手企業ということもあり今後さまざまな付加価値をつけてくるのではないでしょうか。

以前にも紹介しましたが最近GMOインターネット社がビットコインのマイニング事業に参画することを発表するなどグループ全体で盛り上げていこうとしています。

f:id:bitcoin100000000:20170911132603p:plain

この口座の運営会社はテックビューロ株式会社といい、2014年6月に設立した会社になります。

ここの口座開設をすることのおすすめポイントはビットコイン以外にXEMコインやMONAコインが売買できるということです。

こちらもキャンペーンで取引手数料がマイナスにするなど口座開設を増やす努力を現在しております。

しかし、スマホ等のアプリなどが他社と比較すると使いづらいなという印象は受けました。※当サイト管理人の印象です。

セキュリティに関してはこちらも2重認証を取るなどセキュリティ面ではきちんとされておりますので、もし、ビットコイン以外のコインも購入していきたいなと考えている人はおすすめかもしれません。

特に前者に記載したXEMコインやMONAコインは非常に価格が安いので少額取引でも数百円単位で購入が可能です。

f:id:bitcoin100000000:20170913155246p:plain

みんなのビットコインは2016年12月に設立した企業になります。

ここの口座開設をすることのおすすめポイントは、業界内でもトップクラスの手数料の安さにあります。

・ 仮想通貨現物取引手数料無料※1
・ 仮想通貨入出金手数料無料
・ 口座開設費用無料
・ 口座維持手数料無料

また、ここの売買するための管理画面は非常にパフォーマンスがよく約定するまでのスピードの速さが非常におすすめです。

・ 毎秒100万件の約定処理が可能
・ 17種類のテクニカルを搭載した高機能チャート
・ 入出金も対応可能なシンプルな設計

ここの口座ではFXが同時に行うことができ、レバレッジが25倍までかけることが可能です。

 

 

2017年6月12日

f:id:bitcoin100000000:20170607105822p:plain

2017年8月31日(188%)

f:id:bitcoin100000000:20170831123837j:plain

 

ビットコイン決済を丸井グループも導入

先日、ビットコインの分裂報道で話題になっており世間では『もう駄目なんじゃない?』と思われていたビットコインですがなんと昨日段階で過去最高高値まで上昇しています。

所感では今年度末には1ビットコインの価値は50万円近くまで上昇してもおかしくはないのではないかと思ってしまっています。

その中で表題にある通り、先日ビットフライヤーさんより速報が出まして、ビックカメラやそのほか店舗でもすでに決済が始まっているビットコイン丸井グループでも導入されるとのニュースがありました。

www.nikkei.com

これでもう一段消費者が利用できやすく、なじみのある決済の一つになればまだまだビットコインの価値は上がるのではないでしょうか?

すでに導入しているビックカメラでは予想以上の利用率があったため全店での導入があるとのことで知っている人はすでに利用している一つのインフラになりつつあるのではないでしょうか?

 

まだ知らない人は投資対象としても、一つの決済システムとしても非常に有効であり、国内では最大手で保証もしっかりしているビットフライヤーで口座開設し、一度は触れてみてはいかがでしょうか?

 

bitcoin100000000.hatenablog.com

まだ口座開設が済んでいない方は上記より!

国内NO1取引所のビットフライヤー

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン・イーサリアムの暴落に見る今後の運用方針は?

2017年1月から6月までに約2000%の向上を見せていたイーサリアムですが7月に入りビットコイン分裂騒動の影響か価値が半減している状況です。

また、今までは他仮想通貨の価値が減少しても全く微動だにしていないビットコインも今回の騒動の主役であることからリスク売りが増加し1か月半ぶりに昨日20万円を割る状況まで価値が下落しています。

www.bloomberg.co.jp

しかし、これは逆にチャンスであると踏んでおります。

私は昨年の末からビットコイン保有しており、昨月段階で約3倍に資産が膨れましたが今現在はMAX時より3分の1ほど下落してますがここが買い時であると判断し強気にも書いた詩を考えております。

特に下落幅の大きいイーサリアムとの分配で保有しようと踏んでおります。

理由は

①日本では投機目的で保有する人が大多数だが海外では生活インフラになっていきている

②今回の暴落は分裂騒動によるもので、信仰的なものは必ずと言っていいほど今回のような動きをするため落ち着いた時には過去最高値をつける傾向が昔からあると判断

上記を考察し「買い」を推奨したいと!

その為、今買う買わないは別としてもいつでも保有できる体制にしていることをおすすめします。

bitcoin100000000.hatenablog.com

口座を持っていない人は上記より口座開設を!

 

また、昨日までは20万前後での取引ができておりましたが本日早朝には約20%上昇するなど新興にはよく見られる動きで大分価値も戻ってきている為、私的には非常に今がチャンス!!!!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

飲食店向けサービス「ぐるなび」でビットコイン決済実装か?

本日のニュースで飲食店検索サービスを展開している「ぐるなび」が飲食店向けの決済サービスを始めた。

そこに今は実装してはいないが今後ビットコインでの決済が可能とする旨記述があった。

こういった大手企業サービスがビットコインの採用を決定することで現在投資目的で買われているビットコインが消費者需要をつかめる日が来ることを祈っています。

headlines.yahoo.co.jp

また、現在は8月1日にビットコインの分裂により価格が下がるのではないかといわれており若干値を下げている為、今から初めて見る人には非常にいい機会ではないでしょうか?

特にこういった大手企業やすでに消費者が利用しているものに実装されることで今以上に一般の方にもビットコインが浸透していき購入が増えることでその価値は今以上に跳ね上がる可能性を秘めており、現在1BITが29万円だが、数年後にはこの29万円で車が買えるくらいまで価値が上昇していてもおかしくはないと思ってます。

 

試しに口座開設したい方は下記がおすすめのビットコインを売買できる販売所です。

日本のシェアは80%以上

世界シェアでも20%保有し、赤坂に事務所がある【ビットフライヤー】で!

bitcoin100000000.hatenablog.com

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインに次ぐイーサリアム

bitcoin100000000.hatenablog.com

一番おすすめする口座はこれ!!!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

先ほどイーサリアムが暴落したと記載しましたが

www.bloomberg.co.jp

システムが取引量に追い付かずの暴落でした。

逆にいうとすごくないですか??????

現在のシステムで賄えないほどイーサリアムが人気で暴落するなんて。

これゲーム機とかだったらプレミア価格がついちゃうレベルです。

任天堂スイッチとかと一緒ですねwww

この暴落は仮想通貨に対し不信とかでなくの暴落なので復旧したらすぐに高騰するでしょう。

早く買ったほうが良いかもしれません。

イーサリアムは年初約10,000円ほどでした。

昨週は約45,000円。

現在は40,000円を割るか割らないか。

今買わないでいつ買うの?

イーサリアムの購入でおすすめはbitFyer(ビットフライヤー)

bitcoin100000000.hatenablog.com

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で